鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

音あつめワークショップ -OUT OF SCHOOL-

開催日
  • 2019年12月8日(日)
開催時間 3:00pm〜5:00pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 無料
定員 同時に5名程度(所要時間約15分)
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

会場に用意された楽器や鴨江アートセンター館内の様々な音をレコーダーで録音し集め、fffの装置「Sound Pond」のたくさんのセンサーに音を配置し演奏します。
聴覚を用いた発見と音を素材として扱い演奏してみるインタラクティブな体験のワークショップです。
会場に居合わせた人達で装置を使ったセッションの時間を設けます。




【同時開催】プロダクトの展示

Sound Pond(サウンドポンド)
回転する円卓に多数配置されたセンサーに釣竿を模したコントローラーで反応させて音を奏でる装置。演奏しやすい楽器が多数ある中で、あえて「演奏しにくい」事をコンセプトにした楽器。

日時:2019年12月7(土)~12月8日(日)10:00~17:00
会場:浜松市鴨江アートセンター101号室


このワークショップは「サウンドデザインファクトリー2019 in Hamamatsu」内で開催します

世界的な楽器メーカーの本社に加え、中小様々な楽器製造関連会社が数多く集積する浜松市は「ものづくりのまち」「音楽のまち」として発展してきました。そのような中、地域固有の文化や資源を生かした創造的な活動を活性化し、人々の暮らしの質や豊かさを高めていくような新しい価値を生み出すため、音の可能性に着目した「サウンドデザイン」の取組を進めています。
一昨年に開催した「サウンドデザインフェスティバル in 浜松2017」では本市の音に関するポテンシャルを広く示すことが出来ました。「サウンドデザインファクトリー in 浜松2019」では、市民の文化芸術活動の拠点である鴨江アートセンターを「音が生まれるファクトリー(工場)」と設定し、“音をカタチに”をキーワードに、サウンドデザインに関する体験型プロダクトの展示、ワークショップやパフォーマンス、トークセッションやミートアップを行い、音の可能性をアウトプットする場を創出します。

主催:はままつ響きの創造プロジェクト実行委員会/浜松市
お問い合わせ:souzoutoshi@city.hamamatsu.shizuoka.jp
(浜松市 市民部 創造都市・文化振興課)

 


プロフィール

fff

fff(ふふふ)はflux fool factoryの略。少しおバカで斬新なサウンドプロダクトを作る集団。
2015年一般社団法人創造都市協議会の主催する企画「アート×テクノロジー」に集ったメンバーでたこ焼きを転がして演奏する装置「Bake’n Roll」を制作。
2016年も同じ企画の同メンバーで絵を音に変える装置「Band Graphone」を制作し、東京にて開催された「GUGENコンテスト2016」や京都市立美術館でのグループ展「第41回目グッドアート展」に出展。
2017年浜松市主催「サウンドデザインフェスティバル2017」に「Band Graphone」をブラッシュアップした「Band Graphone 2.0」を出展した際にグループ名を「fff」に改名した。

申し込み先

参加整理券を開始1時間前から鴨江アートセンター1Fロビーにて配布します。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。

音あつめワークショップ -OUT OF SCHOOL-」 at 2019年10月27日 by 鴨江アートセンタースタッフ