鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

鴨江アートセンターとは

アートの力で浜松をもっと元気で魅力的な街に

浜松市鴨江アートセンターは2013年11月に市民の文化芸術活動による、21世紀の新しい創造都市浜松の実現をめざして設置されました。

昭和3年に完成した歴史的建物の空間には、創造性を刺激する力があります。

ここではジャンルを越えたアーティストやクリエイター達の表現活動を支援し、彼らの創造的なプロセスを公開し、市民や地域に発信、交流させることで、市民の想像力を喚起することで、地域社会や産業の発展をめざしています。

鴨江アートセンター 館長
桧森隆一

建物概要

昭和3年、静岡県の浜松警察署庁舎として建設されました。第二次世界大戦中の浜松空襲、東南海地震を潜り抜け、昭和45年まで警察署として使われ、以降浜松市鴨江別館として活用されてきました。耐震上の問題で、平成13年に望楼が解体され全面解体の方針が出されましたが、平成20年、浜松市民の保存運動により保存が決まり、平成25年11月から鴨江アートセンターとして活用されています。

名称 鴨江アートセンター(旧名称:鴨江別館)
構造 鉄筋コンクリート造 地上3階建て
様式 近世復興様式
敷地面積 1,051.46m2
延床面積 1,334.68m2
指定管理者 一般社団法人 浜松創造都市協議会/東海ビル管理株式会社グループ