鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

フライヤー画像_おもて-01

醤油屋のみたらしワークショップ -かもえのあさいちワークショップ-

開催日
  • 2017年9月16日(土)
開催時間 10:00am〜12:00pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上
主催 浜松市鴨江アートセンター
お申し込み 予約受付中(2017年9月16日〆切)

浜松市の老舗醤油醸造所「明治屋醤油」では10種類以上ものお醤油を造っています。そのさまざまな種類のお醤油からみたらしのたれをつくり、だんごにつけて味くらべをしてみましょう。お醤油それぞれの特徴をじっくりとくらべて、あなたの一番好きなみたらしを見つけませんか?

 

-かもえのあさいちワークショップとは-
食べること、育てること、つくること、その周辺にあるさまざまなことを本質的に掘り下げてつなぎ直し、人間の存在にかかせない食文化の新しい価値を見出すことを目的に開催するワークショップシリーズ。朝市「かもえのあさいち」と同時開催。


ファシリテータープロフィール

野末将平(明治屋醤油)

明治8年創業の醤油醸造所である明治屋醤油の六代目。明治屋醤油は初代、野末萬吉から数えると、現社長 野末一宏が5代目となり、創業から100年余り続いてきました。
1993年に茶大豆の栽培を始めました。無農薬・無化学肥料にこだわって手間ひまかけて大切に育て、それを醤油の原料に使用しています。その後、小麦の栽培も始め、100%自社栽培の醤油も発売しました。2013年には冬季限定で熟成させたもろみを麻袋に入れ吊るした状態で醤油を搾る自然搾りの「しずく」の販売を開始しました。

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけ"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。