鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

楽譜のない音楽 ―インドネシア・バリ島の伝統芸能をとおして― 【ふじのくに子ども芸術大学】

開催日
  • 2018年7月28日(土)
  • 2018年8月4日(土)
  • 2018年8月11日(土)
開催時間 10:00~12:00
会場 鴨江アートセンター
参加費 無料
定員 20名(抽選制)
対象 小学校3年生~中学校3年生
持ち物 なし
主催 ふじのくに子ども芸術大学実行委員会/浜松市鴨江アートセンター
お申し込み 予約受付中(2018年6月30日〆切)

-今まで学校では体験したことのないユニークな音楽アンサンブルが楽しめます-

4音音階の4つの鍵盤をもつガムラン・アンクルンとよばれる小さなガムランを実際に使って、バリ島のガムラン音楽を実習します。ガムランには楽譜がなく、耳と手で覚えていきますので、楽譜が読めないからといって演奏ができないことは全くありません。またオーケストラや合唱などの西洋芸術音楽と異なる音楽体験を通して、参加者が異文化を理解するきっかけづくりにもなります。

 

  • 全3回です。
  • 抽選制です。エントリー締め切り(6/30)後に抽選し、すべての方に結果をお知らせいたします。結果のお知らせはお申込みいただいた方法と同じ方法(お電話の方は電話で、Eメールの方はEメールで)でご連絡します。
  • この講座は“ふじのくに子ども芸術大学”(静岡県)として開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アーティストプロフィール

梅田英春

バリ島のガムラン演奏家、また影絵芝居ワヤンのパフォーマーとして国内外で活動を行う。1983年に日本初のバリ島ガムラングループを東京で立ち上げ、その後、那覇、浜松と拠点を移し、新たな活動を展開する。また民族音楽学者でもあり、静岡文化芸術大学文化政策学部教授として研究・教育に従事している。

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、学年・年齢、郵便番号、住所"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。ふじのくに子ども芸術大学のウェブサイトの専用フォーム(2018年度版)からもお申込みいただけます。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。