鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

パフォーマンス ライブ 公開制作 展示イベント

この星で描く -一日の即興制作- 【アーティスト・イン・レジデンス関連企画】

開催日
  • 2019年3月2日(土)
開催時間 1:00pm〜5:00pm
会場 鴨江アートセンター 3階 301

個展「存在の祭りのなかへ」において絵描き・熊谷隼人が制作した一枚の巨きな絵を軸として、展示空間全体に絵を広げていく即興の制作を、一日かけて行います。当日は演奏や朗読など様々な表現が重なっていきながら、やがてひとつの祝祭の場が形づくられていく、特別な一日となります。
 
<スケジュール>

13:00
15:30
第一部「めばえる」 観客参加型ライブコラージュ

空間には、 その日のはじまりから少しずつ描かれていく一枚の絵と、個展で描かれた一枚の絵が、対をなすように置かれてあります。空間の中心には、絵を描くふたりの絵描きがいます。彼女たちと同じようにみんなで絵を描き、木に果実を宿してゆくように、その日描かれていく絵の中にそれらを貼っていきます。

15:30
16:00
第二部「ふるえる」  朗読と演奏

絵が次第に豊かになっていき、日が徐々に傾いていくころ、ピアノの音が奏でられはじめます。時を同じくして、詩人が宮沢賢治の「マグノリアの木」という短いお話を、そしてこの祝祭にむけられた、幾つかの詩を朗読します。

16:00

第三部「めざめる」 ライブドローイングと演奏
絵の中心に最後に残された大きな余白を、このときピアノの演奏と共にはじめて充たしていきます。第三部が終わる時、空間にはふたつの巨きな絵が立ち上がり、祭りは終焉へと向かっていきます。

時間は若干前後する可能性がございます。


<ゲスト>
中村菜月   絵描き
のなかあやみ 絵描き
池田彩乃   詩人
なつみ    ピアニスト
zmi
     作曲家


<特別協力>
井上拓紀、加茂歩美、藤澤薫平、牧田沙弥香

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


当企画は、鴨江アートセンターのアーティスト・イン・レジデンスで制作している絵描きの熊谷隼人さんが、アーティスト・イン・レジデンス成果発表展「存在の祭りのなかへ」を経て、レジデンス期間終了後に主催する特別関連企画です。