鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

fb_img_1478074842356

遠州のピーナッツ

開催日
  • 2017年1月21日(土)
開催時間 10:00am〜12:00pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円/1人
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上
主催 浜松市鴨江アートセンター
お申し込み 受付終了

遠州はかつてピーナッツ「遠州半立ち*」の産地でした。長いあいだ忘れ去られていた、この在来種を再発見し、育て、ピーナッツバターにしてみなさんの手もとに届けている生産者の杉山さんを迎え、ピーナッツのお話を通して地域の食を知る時間です。ピーナッツの食べ比べや、いつものお料理にどう取り入れるかのレクチャーもあります。
また、当日朝に焙煎したピーナッツバターと地元のジャムとを組み合わせて、自分だけのピーナッツバター&ジャムを探して見ましょう。 

*遠州地域の在来種。通称「遠州小落花」。

<かもえのあさいちワークショップとは>
「食べること」「育てること」「つくること」の周辺にある様々なことを本質的に掘り下げてつなぎ直します。市民がかもえのあさいちを体験し五感が刺激されることで、人間の存在に欠かせない農業と食文化の新しい価値を見出します。

 


ファシリテータープロフィール

杉山孝尚(杉山ナッツ)

1982年、静岡県生まれ。高校卒業後、ニューヨークへ移住。その後、ファイナンススクールとして全米でも評価の高いニューヨーク市立大学バルーク校・ジックリンスクールオブビジネスを卒業、会計士となり、大手会計監査法人に所属する。2012年に帰国。地元浜松でピーナッツバターメーカー「杉山ナッツ」を設立。2016年から販売をスタートさせた。

申し込み先

日時、講座名、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけを添えて、
Eメール(k.a.c@kamoeartcenter.org)または電話(053-458-5360)でお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。

遠州のピーナッツ」 at 2016年11月22日 by 鴨江アートセンタースタッフ