鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

お箸を作ってごはんを食べよう

開催日
  • 2015年2月14日(土)
開催時間 10:00am〜1:00pm
会場 鴨江アートセンター 2階 201
参加費 食事代として一人400円
定員 20名
対象 小学生以上
持ち物 クラフトナイフ、ホビーカンナ、手袋(使い慣れた道具があればお持ち下さい。無い方はお貸しします。)

オリジナルの箸を作ってみませんか?
出来上がったらみんなでお昼ごはんを食べましょう。
北海道の木(クルミ、イタヤカエデ、カバ、イチイ、タモなど)と、
静岡県遠州地域の木(スギ、ヒノキ、クリなど)の中からお好みの材を選んで、
ナイフやカンナ、やすりを使って箸を製作します。
お料理担当は浜松市中区大平台のヨガ教室主催「ベジごはん・ベジおやつ」の琴田知子さんです。

※1月には子ども用のお箸をつくるワークショップも開催されます。
※このワークショップは26年度制作場所提供事業レジデンスアーティストによる交流ワークショップ」です。


ファシリテータープロフィール

宮沢のり子

1974年生まれ、北海道出身。2011年末浜松に移住。芸術とは縁遠い通俗的な書籍の挿絵やデザイン業を続けながら、「みつば木工」の名で、箸を使い始めて間もない幼い子ども達が楽しく食事できるようにと、握りやすく、つまみやすい、無垢の木箸を製作、販売をする。
幼少期にナショナルトラスト・オホーツクの村の森作り活動に参加以来、植物調査員の母と野山を巡り、ヒト以外の生き物(特に鳥)の営みに強い関心を持って育つ。その後、アジア・アフリカの文字を持たない民族の暮らしに興味を持ち、自身もただ一匹の動物として、地球の記憶に残さない物作りを模索中。

申し込み先

“氏名(ふりがな)、電話番号、高校生までは学年・年齢、ワークショップタイトル、希望の日時、どんな箸を作りたいか(使う人の年齢、箸の長さ、用途など)、申込みのきっかけ”を添えてメール(k.a.c@kamoeartcener.org)または電話(053-458-5360)でお申し込みください。 2/10(火)締切。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。

お箸を作ってごはんを食べよう」 at 2015年01月24日 by 鴨江アートセンタースタッフ