鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

ZING_1

ZING in KAMOE つくるDAYS

開催日
  • 2017年9月18日(月)〜2017年9月24日(日)
開催時間 10:00am〜5:00pm
会場 鴨江アートセンター 1階ロビー
参加費 有料(数百円~)
定員 なし(会場内が混みあった場合は安全のため入場者数を調整することがあります)
対象 子どもからおとなまで。どなたでも。
主催 浜松市鴨江アートセンター

<zine制作>

好きな事や身近な出来事、自分自身の事など伝えたいことを自由に表現しまとめ制作する小冊子をzine(ジン)といいます。ZINGではこのzineをより簡単に作る為のzine kit(ジンキット)を使って制作する事ができます。原本が1つできれば気軽に複製する事ができます。何冊か作ったzineは家族、友達に渡したり、他にzineを作った人と交換したり、はじめて会った人に自分を紹介する名刺代わりとして渡したりと相手に親しみやすく「自分」を伝える媒体として有効な(イケてる)のです!

 

<缶バッジ制作>

57mmの少し特別感のある大きさのオリジナル缶バッジが制作できます。絵や写真だけでなく、薄手の布でも制作できるのでシルクスクリーン印刷した布を缶バッジにする事もできます。何人かで同じ物をいくつか作ってお揃いバッジを作ってもいいし、一品物として額装する様な感覚で制作するもよし。気軽に身に着けられるウェアラブルアートです!

 

<シルクスクリーン製版&印刷>

手描きした絵柄をすぐに製版する事のできるシルクスクリーン技法を使った印刷体験ができます。白、黒、赤、青、黄色など基本色だけでなく発色の良い蛍光色のインクもあるので普段体験できない様な印刷を愉しむ事ができます。インクは布にも定着するのでオリジナルTシャツやトートバックなどが制作できます。制作した版は持ち帰る事もできます。

 

<その他>

キラキラの箔を布に印刷する「ホットバインダー」や印刷した紙をろう引きしたりといろんな技法が体験できます。

 

 

-KAMOEつくるDAYSとは-
さまざまな世代が集う鴨江アートセンター周辺地域。鴨江アートセンターでは、誰もが持ち得ている「時間」に着目し、「つくる」こと、「創造すること」を通して「共通の時間」を体験することにより、人々が楽しく、自然に交流する場をつくります。


<このワークショップは KAMOEつくるDAYS のコンテンツです>


アーティストプロフィール

ZING(吉田朝麻・友野可奈子)

2012年より浜松を拠点に活動を開始。
吉田朝麻(ミュージシャン、デザイナー)と友野可奈子(イラストレーター)のユニット。
自身や周辺の場・物・人・事などを自由に発信する事ができる表現媒体zine(ジン)の魅力に惹かれた2人がその魅力を探りながら誰でもzine制作や様々な印刷技法の応用・実践ができる場所作りとしてスタート。
2013年11月東京都庭園美術館と共同でzine作りワークショップを行う。
2014年より毎年5月に開催される長野県松本市「工芸の五月」の中の企画「みずみずしい日常」で松本市美術館に「井戸端プリントbyZING」を1ヶ月間設置しzine作りやシルクスクリーン、缶バッジ等の制作ができる場所作りを行う。

申し込み先

申し込み不要。当日直接会場へ。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。

ZING in KAMOE つくるDAYS」 at 2017年08月26日 by 鴨江アートセンタースタッフ