鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ 演劇

SPAC舞台美術ワークショップ ~折り紙~ ※申込受付終了

開催日
  • 2020年1月12日(日)
開催時間 1:30pm〜3:30pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円
定員 20名(先着順)※定員に達しましたので受付終了しました。
対象 小学生以上
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)
お申し込み 受付終了

 SPAC公演『グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜』で俳優がかぶっている舞台上で印象的な衣装のひとつ、鳥の形をした帽子の「鳥の音楽隊の帽子」。今回のワークショップでは、その「鳥の音楽隊の帽子」を忠実に再現し、舞台美術家の深沢襟さんといっしょに自分だけの一点をつくります。
 『グリム童話』の舞台美術は「折り紙」がテーマ。大きな紙を折っていき、頭にかぶるサイズの「鳥の音楽隊の帽子」をつくりましょう。つくった帽子はお持ち帰りいただけます。
 当日は、過去の上演映像の抜粋、実際に使われた舞台美術やその模型を見ることができます。

〈『グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜』作品紹介文〉
「風車小屋の裏にあるものをくれるなら金持ちにしてやろう」。粉屋が見知らぬ男の提案を受け入れたとき、風車小屋の裏には粉屋の娘がいた。男は悪魔だった。悪魔の仕業により両手を失った娘は旅に出て…。私たちに勇気と希望を贈ってくれる〈奇跡〉の物語。

〈SPACとは〉
SPAC-静岡県舞台芸術センターは、静岡市内にある専用の劇場や稽古場を拠点として、俳優、舞台技術・制作スタッフが活動を行う県立の劇団です。1997年から活動を開始、多彩なラインナップからなる舞台芸術作品の創造・上演とともに、地域へのアウトリーチ活動などにも取り組んでいます。
詳しくはSPAC公式サイトをご覧ください。https://spac.or.jp

 

 

 

 


鳥の音楽隊の帽子
©K.Miura

 

 

 

 

 

©K.Miura

 

 

 



©K.Miura


ファシリテータープロフィール

深沢襟

1978年、静岡生まれ。舞台美術家。武蔵野美術大学で舞台美術家・高田一郎、小竹信節に師事する。2000年に劇団「ク・ナウカ」に入団、演出と舞台美術の研鑽を積む。2006年よりSPACに参加。戯曲、演出のイメージのみならず、立ち回る俳優との関係性から空間を創り上げる舞台美術が特徴。近年は、SPAC以外の舞台へも活動の幅を広げている。
SPACでは、『グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~』 『真夏の夜の夢』『グスコーブドリの伝記』(以上、演出:宮城聰)などのほか、『変身』(演出:小野寺修二)、『病は気から』(演出:ノゾエ征爾)などの舞台美術を手がける。

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけ"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。