鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

トークイベント

未来の浜松はディストピアかユートピアか?  ―TALK&TALK―

開催日
  • 2018年9月8日(土)
開催時間 6:00pm〜8:00pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 無料
定員 20名(先着順)
対象 どなたでも
主催 浜松市鴨江アートセンター
お申し込み 受付終了

自動運転やAI、遺伝子編集などのテクノロジーが日常になる近未来。そのとき、浜松は私達市民にとってディストピアなのかユートピアなのか?代表的なSF映画に登場するテクノロジーを紹介しながら、それらが現実になった未来の浜松をみなさんと想像してみます。


話題提供者

竹村真人

2003年に国立沼津工業高等専門学校卒業。これまでアメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジアの草の根ラボを巡り、Makerと呼ばれるものづくりにアイデンティティを持つコミュニティーを調査してきた。その経験を元に、浜松に「ファブラボ浜松テイクスペース」を設立し、ものづくりの場、コミュニティーを運営中。2016年には市民バイオラボを立ち上げ、海外のバイオアーティスト、ラボ運営者とコミュニケーションを取りながら浜松でのバイオラボのあり方を試行錯誤中。

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけ"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。