鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

パフォーマンス ワークショップ 子供向け

光と影の世界へ!~川村亘平斎さんの影絵ワークショップ~【ふじのくに子ども芸術大学】

開催日
  • 2019年10月26日(土)
開催時間 10:00~15:30(12:00~13:00 昼休憩あり、お弁当をご持参ください)
会場 鴨江アートセンター
参加費 無料
定員 20名(抽選)
対象 小学3年生 ~ 中学3年生
主催 ふじのくに子ども芸術大学実行委員会/浜松市鴨江アートセンター
お申し込み 予約受付中(2019年8月15日〆切)

 -変幻自在のアートに体ごと飛びこもう!-

わたしたちのいちばん近くにいるけれど、よくわからない不思議な存在、「影」。
日常に眠っている光と影の不思議を呼び起こしに、影絵師・川村亘平斎さんが浜松にやってきます。
シンプルなアイディアで影絵の世界をつくりあげるワークショップです。

【午前】
川村さんの影絵芝居を観たあと、自分の体ごと大きなスクリーンの中に飛びこみます!
【午後】
割りばしや工作用紙で影絵人形をつくり、川村さんと即興劇を演じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 抽選制です。エントリー締め切り(8/15)後に抽選し、すべての方に結果をお知らせいたします。結果のお知らせはお申込みいただいた方法と同じ方法(お電話の方は電話で、Eメールの方はEメールで)でご連絡します。
  • この講座は“ふじのくに子ども芸術大学”(静岡県)として開催します。

 

 


アーティストプロフィール

川村亘平斎

1980年、東京生まれ。インドネシア共和国・バリ島にのべ2年間滞在し、古典影絵ワヤン・クリットと伝統打楽器ガムランを学ぶ。「現代日本と伝統的な感性をつなぐ新たな芸能のカタチとはなにか?」をコンセプトに日本各地に赴き、土地に残る物語を影絵作品として再生させる。平成28年度第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞。

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、学年、郵便番号、住所"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。ふじのくに子ども芸術大学のウェブサイトの専用フォーム(2019年度版)からもお申込みいただけます。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。