鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

DJのpoint of view -鴨江音楽室-

開催日
  • 2019年7月13日(土)
開催時間 18:00~20:00
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上(お子様を伴うご参加はお問い合わせください。)
主催 浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会/東海ビル管理グループ)
お申し込み 予約受付中(2019年7月13日〆切)

フロアに音楽を投げかけ、ターンテーブルを操るDJ。音楽をセレクトするとき、曲と曲を繋ぐとき、曲をミックスするとき、彼らは何を考えているのでしょうか?国内外でDJとして活躍するアーティストの前原本光さんをお招きし、音楽の楽しみ方を広げるワークショップです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アーティスト

前原本光(DJ Motomitsu)

パリ在住の日本人アーティスト。1977年浜松生まれ。DJ、音楽家、絵本作家、コラージュ作家、詩人、翻訳家、イベントオーガナイザー。ピアノの設計者でジャズピアニストでもあった父親の影響で幼少より音楽に親む。10代よりシンセサイザーでの作曲と DJ を始め、東京、ロンドン、パリで音楽を学ぶ。2011年パリに移住。DJ集団 Cracki Recordsからの誘いを受けプロDJ契約。現在はパリの老舗クラブ「Folies Pigalle」で毎月開催のイベント「Skylax House Explosion」のレギュラーDJとして活動する他、ラジオでのDJも行っている。2018 年にはパリのルイヴィトン財団美術館へ招かれ、日本産音楽のみをミックスするプレーを行った。またハウスミュージックのプロデューサーとして、デトロイトの Soiree Records 等より楽曲をリリース。2018 年、パリのレーベルSkylax Recordsよりミニアルバム「Tokyo Night Allegory」をリリース。また絵本作家としてフランス、スイス、韓国の出版社から絵本を出版。2017年、音楽をテーマにした絵本「Ecoute La Musique」をスイスの出版社Editions Notariより出版。フランスのアントニー市に招かれ、絵本のサイン会と子供向けの音楽ワークショップを開催。コラージュ作家としてもカフェやギャラリーで個展を開催。また鍵盤楽器奏者、アコーディオン奏者として、パリの路上やバー、パブ、レストラン等で演奏活動を行うなど、ジャンルや国境を超えて活動している。
www.motomitsu.com

申し込み先

"日時、講座名を明記の上、氏名、ふりがな、電話番号、高校生までは学年・年齢、お申し込みのきっかけ"を添えて、Eメールまたは電話で浜松市鴨江アートセンターまでお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。

DJのpoint of view -鴨江音楽室-」 at 2019年05月25日 by 鴨江アートセンタースタッフ