鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

ワークショップ

かもえのあさいちワークショップ 食べよう トマト

開催日
  • 2016年5月21日(土)
開催時間 10:00am〜12:00pm
会場 鴨江アートセンター
参加費 500円
定員 20名(先着順)
対象 中学生以上
持ち物 お気に入りのバスケットや、かご、1つ。
主催 鴨江アートセンター
お申し込み 受付終了

トマトは皮がかたいもの、やわらかいもの、中身のジュレが多いもの、少ないもの、たくさんの種類があります。「どういう風に選べば自分好みのトマトに出会えるの?」そのコツをトマトの鈴木さんに聞いてみましょう。

後半はsajiさんの“トマトを楽しむピクニックバスケットをつくろう!”お気に入りのバスケットやかごをご持参ください。

トマトの鈴木_プロフィール写真
鈴木章弘(トマトの鈴木)

P3020573
大場里江(お料理教室saji 主宰)


ファシリテータープロフィール

鈴木章弘(トマトの鈴木)/大場里江(お料理教室saji 主宰)

鈴木章弘(トマトの鈴木)
袋井市在住。種苗会社で働いた経験から、その技術を品種改良に生かし、フルーツトマト「ゆめ」や7種類のカラフルなトマト「紅真珠」「グリーントマトヒスイ」など彩り豊かな『今しかない、ここにしかない、これしかない』オンリーワンのオリジナル品種を家族と共に生産する。
全国各地のトマト農家が視察に訪れ、プロ料理人からも信頼と評価が高く、スターシェフの高級店でも使われている。トマト中心の生活だが日頃は子煩悩な二児の父。

大場里江(お料理教室saji 主宰)
浜松在住の料理家の元でアシスタントを経験し、料理教室や撮影の
ノウハウを学びながら、調理師学校に入学。
卒業後は、大手企業の料理教室にて料理講師として勤務し、2015年8月
「saji」の名で独立。料理教室、ケータリング、フードコーディネートを
主に活動をしています。
『食べる・つがなる』をモットーに、身近な方に喜んでいただく
日常で食べたいごはんや、おやつを提案しています。

申し込み先

”日時、講座名、氏名(ふりがな)、電話番号、高校生までは学年・年齢、申込みのきっかけ”を添えてメール(k.a.c@kamoeartcenter.org)または電話(053-458-5360)でお申し込みください。

※参加ワークショップの写真が鴨江アートセンターのホームページ、フェイスブックに掲載されることがあります。支障のある方はお申し出下さい。