鴨江アートセンター KAMOE ART CENTER

2016.03.07

鈴木康広氏によるワークショップ「感覚の線を引く 」が開催されました。

「浜松」と聞いてイメージする「色」はどんな色ですか?


「浜松」からイメージした色の色鉛筆を事前に1本選び持参してきていただき、各々の感じ方の差、感覚を観察することについて考えました。

P1280430

P1280480

P1280628

P1280697

P1280710

2016.03.01

OUT OF SCHOOL3「福島でレジデンス制作をすること」の様子

福島でレジデンスに滞在し作品制作をしたアーティストをお招きし、その経験を語っていただきました。
社会におけるアートの価値を再考するトークとなりました。

P1280332

P1280310

P1280302

2016.03.01

「アートで伝える考える 福島の今、未来【浜松】 」「いいたてミュージアム 2015巡回展 ~までいの未来へ 記憶と物語プロジェクト~ 」の様子

P1280128

P1280123

P1280152

P1280145

P1280100

2016.02.29

~ことばあつめ、うたづくりプロジェクト~ コトバコトリコロン展 の録音がされました。

レジデンスアーティスト吉田朝麻氏の展示を開催します。

それに先立って、レジデンス期間中に鴨江アートセンター1Fロビーに設置中の言葉を集めるポスト「ことばこ」に集められた様々な言葉を、「コエトリー(集まった言葉を参加者が選び発声してもらったものを録音)」し、集めました。
3月18日(金)から3月21日(月)まで、集まった声の素材を使って、誰でも再生ができる装置を設置し「うたになる前の言葉と音の関係」を探る実験を展示します。

P1280264

P1280215

P1280266

2016.02.29

OUT OF SCHOOL3「表現で仕事をする~アートの仕事、デザインの仕事、出会い方、働き方~ 」

アーティストのAKIRA OSAWA氏とデザイナーの宮下ヨシヲ氏をお迎えして、お二人が経験してきたそれぞれの現場での仕事の話を中心に、現場力を鍛え仕事の領域を広げる方法を伝授していただきました。

P1280187

P1280204

P1280178

2016.02.17

「アート×テクノロジー for KIDS」が開催されました!

「アートとテクノロジーでつくるあそびとまなび」をテーマにした、アーティストやエンジニアによる7つのワークショップブースでさまざまな体験を楽しむことができました。


◇ワークショップブースの紹介◇
〇 1.ねじと遊ぼう!!
小型機械を使って「ねじ」作りを体験します。「成型」から「ねじ切り」工程を学び「ねじストラップ作り」や「ねじブロック」で、ねじキャラクター作りにチャレンジ!!

・橋本螺子株式会社(はしもとらしかぶしきがいしゃ)
昭和30年より一般規格「ねじ」と客先仕様のオーダーパーツの製造販売及び医療用ねじ、手術用器具の製造販売を事業の柱として浜松のものづくり産業に貢献している。


〇 2.音と光のエレクトロニックエフェクト
とびはねたり、たたいたりして、音と光がつながって浮かび上がる体験型のワークショップです。

・渡邊正和(わたなべまさかず)
音と映像にフォーカスしたアプリを作成、VJとして活動。音楽系のハッカソンに参加している他、多様なメディアを融合させたアート・イベントで活躍中。


〇 3.みんなでショートムービーを作ろう!!
映像編集ソフトAfterEffectsでショートムービー(数分)を制作。約1時間で、ネタ決め、撮影、編集を行います。

・廣瀬正和(ひろせまさかず)
約20年前から曲及び映像を自作したメディア作品を制作。ここ数年は音と映像のシンクをテーマにしたプロジェクト .sycn に所属しE.M.M.Hで作品の発表や、クラブでVJを行う。


〇 4.歯車の大きなオブジェ
手のひらサイズの歯車を、いくつもつなぎ合わせて動かして、みんなで巨大なからくりを作りましょう。厚紙、折り紙、リボン・・・etcで歯車を飾ると、動くオブジェが完成します。

・平櫛和輝(ひらぐしかずき)
岡山県立大学デザイン学部デザイン工学科卒業。現在は浜松市のメーカーのインハウスデザイナー。3DCADを得意とする。

・拜田真直(はいだますぐ)
鴨江アートセンタースタッフ。岡山県立大学デザイン学部デザイン工学科卒業、静岡文化芸術大学大学院デザイン研究科修了。3Dプリンターで生活雑貨を製作中。


〇 5.星づくり屋(鴨江アートセンタースタッフ企画)
キラキラ、ピカピカ、チカチカ、「光るテクノ素材」を使って思いのままにステキな星を創りましょう。


〇 6.モノオトの合奏
物を叩いた時に出る音「モノオト」演奏装置Buonda(ぶおんだ)を使って、「モノオト」の合奏を楽しみます。

・デザイン寮(でざいんりょう)
ちょっと変わった、新しい音の体験ができる作品を作るグループ。メンバーの趣味を活かした自作電子楽器の作品が多い。


〇 7.鴨江百鬼夜行(かもえひゃっきやこう)
妖怪は想像が産んだキャラクターです。頭に浮かんだ妖怪を、不気味に光る「スライム画材」で描きます。

・竹村真人(たけむらまさと)
浜松に「ファブラボ浜松テイクスペース」を設立。ものづくりを軸としたコミュニティを運営。オープンなものづくりを推進、提案するファブマスター。

・外海文武(とかいふみたけ)
日本画家。鴨江アートセンターにて数々のワークショップを開催。


P1270995

P1270954

P1270828

P1270909

P1270866

P1270840

2016.02.17

アーティスト・イン・レジデンス 小出和明オープンアトリエ&ワークショップ

レジデンスアーティスト小出和明氏のオープンアトリエとワークショップが開催されました。

P1270964

P1270962

P1280099

2016.02.16

デザインを学ぶ学生たち作 鴨江アートセンターの広報紙案(5班)

専門学校ルネサンスデザインアカデミーの学生さんが、学校の課題として、鴨江アートセンターを題材に広報紙のデザインを作ってくれました!
事前のリサーチとして、当館の見学と副館長へのインタビューをし、制作期間中には写真撮影などで来館するなど熱心な取り組みを見せてくれました。
全5班の作品を順番にご紹介します。

専門学校ルネサンス・デザインアカデミー
https://www.rad.ac.jp/

<5班>

1

2

3

Print

2016.02.15

デザインを学ぶ学生たち作 鴨江アートセンターの広報紙案(4班)

専門学校ルネサンスデザインアカデミーの学生さんが、学校の課題として、鴨江アートセンターを題材に広報紙のデザインを作ってくれました!
事前のリサーチとして、当館の見学と副館長へのインタビューをし、制作期間中には写真撮影などで来館するなど熱心な取り組みを見せてくれました。
全5班の作品を順番にご紹介します。

専門学校ルネサンス・デザインアカデミー
https://www.rad.ac.jp/

<4班>
1

2

2016.02.14

デザインを学ぶ学生たち作 鴨江アートセンターの広報紙案(3班)

専門学校ルネサンスデザインアカデミーの学生さんが、学校の課題として、鴨江アートセンターを題材に広報紙のデザインを作ってくれました!
事前のリサーチとして、当館の見学と副館長へのインタビューをし、制作期間中には写真撮影などで来館するなど熱心な取り組みを見せてくれました。
全5班の作品を順番にご紹介します。

専門学校ルネサンス・デザインアカデミー
https://www.rad.ac.jp/

<3班>

1

2